手取り16万から成功までの軌跡

5歳の頃、両親の謎の別居

目安時間 4分
  • コピーしました

どうも、シリュウです。

 

今日は、5歳の頃に経験したお話。

 

奈良県の田舎に産まれた僕ですが、
5歳の頃に大阪府へ引っ越してきます。

 

 

それと同時に、家から居なくなる母親。

1ヶ月に1回は、家に帰ってくる。
そして、また居なくなる。
を繰り返していました。

 

 

当時、母親を窓から見送る際、
手を大きく振って大泣きしていたのを、
めちゃくちゃ鮮明に覚えています。
(今でも思い出したら泣きそう)

 

当然、夜泣きもひどかったようです。

 

おそらく、
20歳で兄を出産したので、
遊び足らなかったのかもしれません。

 

 

僕が中学3年生の頃、
両親が離婚しましたが、
すでに家庭に亀裂が入っていたのでしょう。。

 

 

そんな劣悪な家庭環境もあって、
兄弟でこんなイタズラをしてました。

アパートの窓から通行人をスナイプ

 

当時、デザートイーグルという
エアガンを持っていた兄弟。

 

 

日頃のストレスの解消のためか、

「窓の下を通る通行人の顔面めがけてスナイプ(2階から)」

していきます。

 

今、思えばとんでもない行動 笑

 

 

当然、撃たれた本人は大激怒。
家に突撃されたこともあります。

ピンポン!ピンポン!
と連打されるも、私たち兄弟は無視。

 

 

「こらー!出てこんかい!お前らやろ!」

 

 

と怒鳴られても無視。
完全に大人を舐めていましたねw

絶対にこんな親にはならん!

我が家の3兄弟
こんな経験をしてきて思うのが、

「絶対、両親のような親にはならない。」

ということ。

 

 

母親とは交流がありますが、
父親とは疎遠状態です。

 

 

両親のように、
子どもに不安を与えるようになってはいけない。
子どもに悲しい思いをさせてはいけない。
子どもに楽しく生きて欲しい。

 

 

「とにかく両親のような家庭を作ってはいけない。」

 

 

そんな強い気持ちを持っているからこそ、
時間的、経済的な自由を求めて、
アフィリエイトで起業を果たしました。

 

思い起こせば、
両親が家庭を崩壊させた原因は、
たくさんあります。

 

「お互いへの感謝を示さなかった」
「父親が育児に無関心だった」
「父親がバブルで調子にのって弾けて一気に貧乏になった」
「父親が無職になって酒漬けになった」
「金があった時代のプライドを捨てれなかった」
「両親ともにギャンブルに溺れて多額の借金を背負った」
「父親が自己破産をした」
・・・etc

 

 

これらの経験をしてきたからこそ、
今の僕の考え方、
ライフスタイルがあるんです。
今後も少しずつお話していきますね!

 

 

バブル崩壊で小学2年生(1992年頃)で小金持ちから貧乏へ

 

 

大切な家族を守るために知識武装せよ!【無料メルマガ講座】

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

都市伝説&陰謀論をミカタに付けたIT経営者

中城 子龍(シリュウ)

20年以上前の高校生時代に「これからはITだ」と直感で気づきIT系の専門学校→プログラマー→システムエンジニア→フリーランスを経験。フリーランスと複業でネットビジネス(アフィリエイト)で最高月収270万を達成。そこから個人事業主として6年、法人として7期目。アフィリエイトと情報発信で通算1億円以上を売り上げる。 これまで独立して10年以上の経験や知識・知恵。そして国内や海外を飛び回って日本の大富豪から学んできた世の中の本質・裏側をもとに都市伝説&陰謀論好きなアナタが進むべきロードマップを公開しています。 すでに行動している仲間も続々と増えています。ともに未来へ向けて突き進みましょう!

詳しいプロフィール

コメントは3件です

  1. […] 5歳の頃、両親の謎の別居どうも、子龍です。 今日は、5歳の頃に経験し… […]

  2. […] 5歳の頃、両親の謎の別居奈良県に生まれた子龍ですが、4歳、5歳の頃に奈良県から大阪へと引越しすることになります。それと同時に、なぜか父親と母親が別居状態となり悲しい思 […]

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: